安いけど快適なホテルの見つけ方

なんといってもインターネットが便利

ホテルの探し方・選び方は今は何と言ってもインターネットで調べます。
ホテルを利用するのに目的が色々違いますよね。ただ宿泊だけに利用したい時とか、そこで楽しい宴会をしたい時とか用途によって色んなホテルが適合すると思うんです。
初めての土地では公共機関から近いところも参考にします。分りにくい所だったりすると探すのに苦労するからです。
インターネットの申し込みは簡単だし、万が一キャンセルすることになってもメール一本でできるので、とっても便利だと思います。
また部屋でも和室が良いのか洋室が良いのか、予算はどれ位だとか、そういった選ぶ側のニーズに合わせて探すことができるので、とても便利だと思います。
ただ一つ気をつけたいのはネット上で満室になっていても実際に電話連絡をしてみると、キャンセルが入っていたりネット上の情報が古かったりして空いている場合も少なくないので、その点も留意すると良いと思いますね。

若い頃、旅行が大好きでした

若い頃、旅行が大好きでした。予め行きたい場所を選び、書店で「るるぶ○○」等の旅行雑誌を購入して、その本に紹介された宿泊施設リストの中から一泊一万円以下で自分の条件に合った所を幾つか選び、直接ホテルに電話を掛けて自分の条件に合うか確認してから宿泊予約していました。自分の条件とはアメニティグッズ(ボディソープやシャンプー、リンス、歯ブラシ等)が揃っている事と、ドライヤーとパジャマの貸し出しでした。でもほとんどのホテルは全部揃っているし、女性のお一人様での宿泊も可能な所も多く、ホテル探しは比較的楽でした。それは独身・カップルだからこそホテル探しには苦労しなかったのですが、赤ちゃんや小さな子供連れの場合、どのホテルがベビーベッド・踏み台・子供用パジャマ・スリッパ・歯ブラシが用意してくれるのか分らない。いちいち複数のホテルに電話を掛けて聞くのも面倒臭いです。旦那はホテル・旅館予約サイト「一休.com」の会員で、予め滞在する場所を決めて、乳幼児連れでも宿泊できるホテルを探し、その中でベビーベッドや踏み台などの貸し出しと、子供用のパジャマや歯ブラシ等の用意ができ、口コミでも評判のホテルを選んでからネットで宿泊予約している。実際、何度も「一休.com」を利用したが、宿泊したホテルは部屋が快適でサービスが良かったです。昔はインターネットが無く、雑誌や旅行会社のカタログが情報源でしたが、各ホテルの宿泊料金だけで、施設・サービス等の情報が分りませんでした。インターネットで「一休.com」や「楽天トラベル」、「じゃらんnet」等の宿予約・旅行サイトを見ると、全国のホテルの宿泊料金は勿論、口コミやサービス等、詳しく紹介されています。もしも出張や旅行でホテルを探したり、選ぶ時は、雑誌や旅行会社よりもネットでホテル・旅館予約サイトから検索して探したほうが良いと思います。